title

ある日の夜、
パパがワタシにこう言った。


「 素直なお姫様、君の願いを叶えてあげよう 」


昔より正直になったワタシ。
そんなワタシが大好きなパパ。
パパは誰よりも先にワタシのお願いを聞いてくれる。


“ 王子様とロマンチックな恋がしたい ”


次の日、パパは1人の青年を連れてきた。
エメラルド色の瞳と金色の髪が綺麗な男の人。


彼はいつもワタシに色んなことを教えてくれた。
どんな時もそばにいてくれる理想の王子様。