title

ある日の夜、
ワタシの声がパパに届いた。


パパは大喜びでワタシの話を聞いてくれた。
でもママにはワタシの声が聞こえないみたい。


そのうち姿さえも見えなくなったママ。
暗い部屋にワタシ達2人だけ。


でも寂しくなんかないよ。
だってワタシにはパパがいるから。


ね?パパ?